第11回公演「サランドラ-神官の娘-」

¥4,000価格
  • 神国ユグドラ──王なきこの国を代々統治するのは、『天の声』を聴く"神官"。当代の神官であるスーラは、その絶対的な力で神官軍を率い、近隣諸国の制圧を進めていた。


    ​ユグドラの外れに広がる深い森には、樹海の民・ラクドが暮らしている。長年にわたりユグドラの支配を拒み続けるラクドの民は、族長のカルラに率いられ、神官軍との激しい戦いを続けていた──

    逃れることのできないさだめに翻弄される人々と、時代の節目に拍動する大きなうねりを描いた一大叙事詩。