怪談朗読劇

鼎鬼-かなえおに-

[鼎鬼] 脚本・演出 ヤマケイ [WAMO] 振付 ひかり/みき

STORY

先より巷では噂が駆け巡っとりますけれども、どうやら昨今、江戸の町には鬼が出るそうでございます。人々が顔を付き合わせて、寄ると触るとこの話。

『なあ、あんたァ、カナエオニって聴いたことあるかィ』
『鬼ってえと、あの鬼かい。ツノがあって赤くって、​毛むくじゃらのデカブツの』
『そう、赤いかどうか知らんが、その鬼さ』

鼎鬼。聞くにそれは、「鼎(カナエ)」なる唐の国の器に同じく、三本のツノがあるそうな──

Mono-Musica初となる、怪談朗読劇。
​「噺」と「演舞」の織り成す和の世界をお届けします。

CAST

怪談朗読劇「鼎鬼-かなえおに-」​
 一ツ目(ヒトツメ) ……… ​杏
 二口(フタクチ) ………… ヤヤ
 三ツ耳(ミツミミ) ……… まなむ
 石榴(ザクロ) …………… マナ
 棗(ナツメ) ……………… 弥生

WAMO stage「わものがたり」​
 ​ひかり/みき

DATE 

2019年7月27日(土)-28日(日)

PLACE

新中野ワニズホール

STAFF

[鼎鬼] 脚本・演出 ヤマケイ
[WAMO] 振付 ひかり/みき