音楽劇

別葉-わくらば-

脚本 ・演出 ヤマケイ 音楽 橋本かおる

STORY

──私、桜に呪われているんです。

戦時下、比良坂の町に転属が決まった軍人・澤村孝太郎。配属の間、軍部との軍令提携を結ぶ『ミルクホールひらさか』に宿を得ることになった孝太郎は、ミルクホールの女給・吉永環と出会う。

この比良坂には、夜見市(ヨミイチ)と呼ばれる、非合法の露店市場が広がっていた。夜見市を取り仕切るのは、左京組の組長・左京國比古。裏と表を繋ぎながら夜見市を守る侠客は、人々から頼られ、陰日向になり比良坂を治めていた。一方で、我が物顔で夜見市に介入する軍人を、人々はその軍服の色から「病葉(わくらば)」と呼び忌み嫌っていた。

己の信じてきた正義と、それが届かない世界──理想と現実の狭間で揺れる孝太郎。そして、夜見市の入り口に立つミルクホールで、移ろう人々の背中と影を見つめてきた環。ひととき重なり合うかに見えた、二人の道は……

孝太郎の前任で、比良坂に配属されていた軍人・敷島薫。國比古の情婦であり、女工の巽百合子。百合子の弟で、花火職人見習いの巽誠治。

まるで水辺に流れる病葉のように、寄る辺なく揺れ惑いながらも身を寄せ合い、時代を生きた人々の物語。作曲家・橋本かおる自らが奏でるピアノの音色に乗せて、全編オリジナル楽曲で紡ぐ新作音楽劇。

CAST

澤村 孝太郎 …………… まなむ
吉永 環 ………………… 紗弓

敷島 薫 ………………… 弥生
左京 國比古 …………… 杏
巽 百合子 ……………… ひかり
巽 誠治 ………………… マナ

DATE 

2019年9月20日(金)-23日(月祝)

PLACE

新中野ワニズホール

STAFF

脚本・演出 ヤマケイ
音楽・ピアノ演奏 橋本かおる
振付 マナ

音響 ヤヤ
照明 みき

音響協力・ピアノ収録 井出三知夫 
衣裳 佐久間のぞみ
衣裳統括 杏

制作 Mono-Musica